■プロフィール

岩本商会

Author:岩本商会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

全国初 「 准救急隊員 」 愛媛県西予市
昨年9月の弊社ブログ
( http://iwamotosyoukai.blog16.fc2.com/blog-date-20170910.html )

でもお伝えしましたが、平成21年から救急車の出動件数、搬送人員
ともに増加し続けています。

しかし、昨今の人口減少や厳しい財政状況などにより、過疎地域や
離島においては、必要な救急体制を確保できないという深刻な問題が
起きています。

愛媛県西予市では、一部の地域において、救急隊が平日昼間しか
配備することができません。そのため、夜間や休日は、遠く離れた
本署から救急隊が出動し、到着に時間がかかってしまうという
状況です。
そこで西予市は、内閣府が募集する 「 地方分権改革提案 」 に対し、
救急隊(現行3人)を2人で編成し、軽症患者を搬送したい旨を
総務省に提案。その結果、消防法施行令の改正に至りました。

これにより、過疎地域や離島においては、2人以上の救急隊員と
1人以上の准救急隊員での救急業務の編成が可能
になりました。
准救急隊員は、救急業務に関する基礎的な講習過程を終了した人で、
救急隊員や役場職員のOB、そして、自治体が雇用する医師や
看護師などが対象になると想定されます。

西予市では、今年4月から 「 准救急隊員 」 の制度を導入します。
2月5日(月)には、愛媛県消防学校で 「 准救急科 」 の入校式が
行われました。全国初の取り組みが注目されています。


                         


愛媛県今治市は、タオルの産地として国内外で知名度を上げています。
愛媛県繊維染色工業組合の主催により、高品質な今治タオルを支える
染色技術が紹介された 「 IMABARI Color Show 」 (今治カラーショー)
東京・青山 ( 昨年12月 ) と愛媛・今治 ( 今年2月 ) で開催されました。

フランス人建築家のエマニュエル・ムホー氏の空間展示
「 1000 COLORS RECIPE 」 は、染色された1000色の帆布生地を用いて、
約3万ピースの文字や数字を切り抜いて表現されています。

今治カラーショー 5
今治カラーショー 2
今治カラーショー 3
今治カラーショー 4

一般社団法人日本流行色協会とのコラボレーションにより
「 今治の色 」 も生まれました。

今治カラーショー 1

愛媛県での展示会場は、平成28年夏、今治港にオープンした
今治市みなと交流センター 「 はーばりー 」 でした。
造船の町としても有名な今治らしく、船の形に似た印象的な
建物です。

今治カラーショー


スポンサーサイト

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
平成30年松山市消防出初式
愛媛県では、1月13日(土)から3月18日(日)までの週末に、
各地で消防出初式が開催されています。

県下で最大規模の 「 松山市消防出初式 」 が、1月21日(日)、
松山市堀之内の城山公園にて開催され、約1900名の関係者
及び約150名の来賓が参加しました。

H30-1.jpg
          功労者への表彰式

H30-2.jpg
          各種消防車両の展示
H30-13.jpg

H30-3.jpg
子ども用消防服を着て記念撮影。気分は勇敢な消防士!

H30-6.jpg
           火災対応訓練
H30-7.jpg
H30-4.jpg
       火災現場から救出し救急搬送

H30-9.jpg
      第7方面隊による古典竹梯子演技
H30-8.jpg
    高さ6メートルの竹梯子を支える団員たち
H30-12.jpg
     昔使われていた手動の腕用ポンプも活躍
H30-10.jpg
        城山に向かって一斉放水
H30-11.jpg
    梯子車の先端から鮮やかなロープ降下

松山市は、企業や大学生の協力による機能別消防団を全国に
先駆けて導入しています。また、早くから防災士の積極的な
育成に取り組んでいます。
南海トラフ巨大地震の発生が危惧される今、市民一丸となって
防火・防災への意識を高められるよう、弊社も精一杯お手伝い
させて頂く所存です。


                         


香川県名産の和三盆糖や希少糖をはじめ、原材料にこだわった
スイーツを提供している 「 菓子工房 ルーヴ 」 。
2004年、チーフパティシエが、「 テレビチャンピオン ケーキ職人
選手権 」 で2連覇されたことでも有名です。

数ある美味しそうなお菓子の中から、目に留まったのは、
丸亀町おんまい店限定の長~いエクレア。

ルーヴ エクレア

上品な甘さで、一気にペロリといただきました







テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
文化財防火デー
1月26日は 「文化財防火デー 」 です。
貴重な国民的財産である文化財を保存し、後世に伝えていくためにも
文化財を災害から守ることが大切です。

この度、専門家による時事ネタコラム 「 JIJICO 」 に、
災害から文化財を守る取り組みについて掲載しましたので
どうぞご覧下さい。
                 
https://asqmii.com/jijico/2018/01/26/articles29742.html


文化財防火デー
(文化庁HPより)

*過去紹介した消防・防災に関する記念日の記事もご覧下さい。*
 9月9日  「 救急の日 」 http://iwamotosyoukai.blog16.fc2.com/blog-date-20170910.html
11月5日  「 津波防災の日 」 http://iwamotosyoukai.blog16.fc2.com/blog-date-201710.html
11月9日  「 119番の日 」 http://iwamotosyoukai.blog16.fc2.com/blog-entry-348.html


                         


香川県高松市にある老舗の和菓子屋さん 「 夢菓房たから 」 は、
こだわりの自家製白あんと羽二重もちで季節のフルーツを包んだ
「 フルーツ大福 」 が人気です。

お店に入ると、注文を決めておいて、番号札を取って待ちます。
つまり、番号札が必要なほど、混雑する人気店なのです。

フルーツ大福は、イチゴ、ミカン、イチジク、パイナップル、ブドウ、
マンゴー、カキ、モモなど、季節によって種類が変わるそうです。
今回は、イチゴ、キーウィ、バナナ(チョコレートコーティング)を
選んでみました。

たから いちご大福1

このイチゴ大福は手前に写っているから大きいのではありませんよ。
超特大サイズです!

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
そのまま美味しく食べられる非常食
1995年1月17日、 「 阪神・淡路大震災 」 が発生しました。
未曾有の被害をもたらした地震は、われわれの防災意識を
大きく変化させました。
その後も東日本大震災や度重なる大規模な自然災害を経験し、
そこから得た教訓をもとに、防災・避難用品に関する研究が
重ねられています。
特に非常食に関しては、より手軽に、より美味しく、栄養面や
カロリー、アレルギーに至るまで、きめ細かい対応が進んでいます。

震災から23年経った今、皆さんは自分の身を自分で守る為の
備えをされていますか?

今回紹介したいのは、そのままおいしく食べられるスパゲッティです。
新含気製法という特別な方法を用いており、賞味期限が6年
通常より長くなっています。

非常食ナポリタン

ナポリタンスパゲッティですから、お子様から年配の方まで
馴染みのある味ですね。
しかも柔らか目に作られているので、非常食として食べやすい
工夫がなされています。


                         


地元松山市の道後温泉区域にある道後公園。
公園の一角には松山市立子規記念博物館があり、春には桜の
名所でもあります。

昨年12月15日(金)~年明け1月12日(金)の間、約5,000個の
色とりどりに光る実で、道後公園北側入口から西側の木々が
飾られました。
この 「 ひかりの実 」 という作品は、アーティスト高橋匡太氏に
よるもので、果実袋に笑顔などのイラストを描いて、その中に
LEDと電池を入れていました。

道後イルミネーション2018-4

12月には一般の方も参加可能なワークショップがありました。
作品に近づいて見ると、こどもたちが袋に描いた笑顔なども
輝いて、心温まるイルミネーションでした。

道後イルミネーション2018-1


テーマ:防災グッズ - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
平成30年 新春のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。
1月4日(木)より、平成30年の営業を開始致しました。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて昨年は、極端かつ局地的な自然災害が多発して、
全国各地で大きな被害を被り、異常気象を感じざるをえない
一年でした。
また、北朝鮮の弾道ミサイル問題も深刻化し、有事への
具体的な対策が喫緊の課題となりました。

安心・安全な生活を送るためには、行政だけでなく、国民
一人ひとりが準備しておくことが必須です。
弊社は消防・防災の専門商社としての使命を果たすべく、
日々考え、情報発信し、行動し続けて参ります。
本年も宜しくお願い申しあげます。

平成30年
(愛媛縣護國神社に奉納された
 松山市出身墨絵アーティスト茂本シデキチ氏による
 干支の大絵馬)


                          


昨年、弊社は、一般財団法人日本消防設備安全センター理事長
表彰として、 「 消防設備等点検済表示制度推進優良事業所表彰 」
を受賞致しました。受賞を励みに、これからも、より一層精進して
参りたいと思います。

また弊社は、今年創業80周年を迎えます。
これまで支えて頂いた皆様に感謝申し上げると共に、
100周年を目指して、たゆまず努力を続けて参る所存です。
なにとぞご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

H29優良事業所表彰たて


テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad