FC2ブログ
 
■プロフィール

岩本商会

Author:岩本商会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

ジャパン・レジリエンス・アワード2019 グランプリ
平成25年12月に 「 国土強靭化基本法 」 が施行されました。
国土強靭化の推進には、国や地方自治体等に加え、民間の
主体的な取り組みが必要であるという考えから、平成26年7月、
「 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会 」 が設立されました。

同協議会では、次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて、
強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、
技術開発、製品開発等を実施している企業・団体を評価・表彰する制度
として、「 ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞) 」 を創設しています。

この度、愛媛県今治市のクリーンセンター 「 バリクリーン 」 が、防災・減災など
国土強靭化に取り組む企業として、 約150件のエントリーの中から
「 ジャパン・レジリエンス・アワード 2019」 グランプリを受賞しました。

「 バリクリーン 」 は、ごみ処理施設であると同時に、地域の防災拠点として
災害時の避難所の機能を備えています。

バリクリーンセンター


                         


今治市からしまなみ海道に入り、伯方島ICをおりて10分ほどにある
開山公園。桜の季節には、ソメイヨシノをはじめとした約1000本の桜が
山全体を覆います。

山頂の展望台からは伯方・大島大橋、大三島橋、多々羅大橋などが
一望でき、瀬戸内海の多島美を堪能できます。

開山桜2019-3
開山桜2019-5

36mの長い滑り台を降りて、ジャングルジムなどの遊具がある
広場から山をかえりみると、山頂が桜で埋め尽くされています。
まさに春爛漫 

開山桜2019-2

開山桜2019-7
         つつじケ丘展望台への道
開山桜2019-6



スポンサーサイト

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
防災協力事業所
この度弊社は、「 防災協力事業所 」 に認定されました。

防災協力事業所表彰式1
防災協力事業所表彰式


防災協力事業所は、防災士を配置し、防災対策に積極的に
取り組む企業で、認定された企業には表示証が交付されます。
本表示制度は、日本防災士機構が、全国トップクラスの防災士数を
ようする松山市と協働して、平成27年から始めました。
現在では地域防災力強化のための新しい方法として、全国に
広がっています。

弊社は平成17年に防災士が誕生し、それ以降、営業担当者が
順次、防災士の認証を受けています。防災・避難用品をご提案する
際には、防災士として得た知識が生かされています。

防災協力事業所

*防災士とは*
「 自助 」「 共助 」「 協働 」 を原則として、社会の様々な場で
防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と
一定の知識・技能を習得したことを、日本防災士機構が認証した人
です。(認定特定非営利活動法人日本防災士機構より)
2019年3月の防災士認証登録者数は170,756名です。


                         


弊社は松山城を囲むお堀の目の前に位置するので、松山城を背景に
満開の桜から水面に散りゆく桜まで、職場から日々桜を愛でることが
できます。

この4月は 「 平成最後のお花見 」 と言われていますが、新しい時代に
なっても、この美しい景色を眺めることができるように、安心・安全な
街づくりに貢献していきたいと思います。

2019松山城桜

さて、新元号 「 令和 」 が発表されるやいなや、令和グッズが続々
登場していますね。
早速地元のパン屋さんでも、桜の花の塩漬が添えられた
「令和餅入りアンパン」 を発見!新元号決定のお祝い気分を
味わいました。

令和パン



テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
地震発生確率
3月11日、東日本大震災から8年が経ちました。
復興庁によると、死者、行方不明者、関連死を含め、少なくとも
2万2,131人が犠牲になりました。

被災地では住宅の再建が進む一方で、避難生活が長期化
しています。今もなお、全国で5万人以上が避難生活を余儀なくされ、
人口減少や高齢者の孤立なども課題となっています。

我々は、今後発生するであろう地震を止めることはできませんが、
過去の経験から学んだことを教訓にすることができます。
しかし、防災意識は高まってきてはいるももの、いつ起こるか
わからない災害に対しての備えは、後回しになっている方もいます。

「 30年以内に南海トラフ地震がくる発生確率は70% 」
という予測を聞いて、30%は起こらないとか、近々は大丈夫とか、
楽観視している方も結構多いのではないでしょうか?

地震調査研究推進本部によると、統計学的なデーターでは、
30年以内に交通事故で負傷する確率は24%、火災で罹災する
確率は1.9%
です。
すなわち、大規模な地震が来る確率は、交通事故に遭ったり、
火事にあう確率よりもはるかに高い確率
なのです。

マグニチュード7クラスの地震が、平成に何度起きているでしょうか?
阪神淡路大震災、十勝沖地震、東日本大震災、熊本地震、
北海道胆振東部地震など十数回発生しています。

今まさに、「 自分の命は自分で守る 」 という自助の精神が求められています。
まずは自分が住んでいる所がどういう場所かを調べて理解しましょう。
そして、今、地震が起きたらどうすればよいか、具体的な行動を考えて
みましょう。そうすることで、自分にとって備えるべきことが見えてくるのでは
ないでしょうか。


                         


1989年1月8日から始まった元号 「 平成 」 も、2019年4月30日で
終わりを迎えますね。

「 平成 」 時代を懐かしむのにぴったりのお菓子がこちら
「 ありがとう平成まんじゅう 」
小豆こしあんのまんじゅうです。

平成まんじゅう

「 平成流行語しおり 」 が1枚入っていて、平成を振り返ることができます。
ちなみに私のしおりは、平成27年の 「 爆買い 」 でした!

平成まんじゅう1


テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
防災キャンペーン2019 in 松山
8年前の3月11日に発生した東日本大震災を教訓に、防災意識を
高めようと、全国各地で防災イベントが開催されています。

愛媛県松山市では、3月10日(日)、いよてつ高島屋で 
「 防災キャンペーン2019」 が開催されました。

防災グッズの展示や非常食の試食、西日本豪雨の写真展等があり、
参加者はスタンプラリー形式で回っていました。

ステージでは、大学生防災リーダークラブによる防災ワンポイント
講座や、防災ファッションショー、防災クイズ大会など、家族で
防災を学ぶことができる盛りだくさんの内容でした。

また、松山市の小学校、中学校、高校、各々の生徒さんたちが
歌やダンス、書道パフォーマンスも披露しました。

防災クイズ大会では、愛媛県のイメージアップキャラクター
「 みきゃん 」 と 「 ダークみきゃん 」、松山市消防局のマスコット
キャラクター 「 はっぴーカバー君 」 も参加しました。

防災キャンペーン高島屋2019
防災キャンペーン高島屋2019-1

災害情報などを随時発信する松山市消防局のメールサービス
「 モバイル松山消防 」 や防災マップの見方も紹介されていました。
これらの情報を活用し、万が一に備えておきたいですね。


                         


3月14日はホワイトデー
バレンタインデーのお返しとして、日本で始まった習慣です。
クッキー、マシュマロ、キャンディなどが選ばれることが多いようです。

この写真は、全国の百貨店催事やネットショップで大人気
「ファームデザインズ 」 の 「 うしサブレ 」 です。
模様が1枚1枚異なるという手の込んだ一品です。

ファームデザインズ

ファームデザインズは、北海道道東の漁業と酪農が盛んな厚岸郡
浜中町にあります。
スイーツの原材料となる牛乳は、2013年、FOODEX JAPANにて
「 ご当地牛乳グランプリ 」 最高金賞を受賞しているそうです。
良質な生乳を使ったサブレは、ほんのり牛乳の甘さのする優しい味でした。

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
島の暮らしを守る最新式消防車
愛媛県越智郡上島町は、瀬戸内海の中央、芸予諸島に属する
25島でできている離島の町です。瀬戸内海式の温暖少雨の
気候で、風光明媚な景色を堪能できます。
最近は、サイクリストにも大人気の場所です。

上島町消防本部はその中の弓削島にあります。
本年度、弊社は救助工作車Ⅰ型をお納めしました。
消防車両は、その土地の特徴に合わせた仕様を組み込んだ
オーダーメイドですが、この車両も、島部ならではの工夫を
取り入れています。

救助工作車は、火災や交通事故、自然災害など、多様化する
災害に対応できる多数の救助資機材を積載しています。
この車両は、島部の狭い道路でも活動しやすいように、
コンパクトな車体にまとめられています。

上島町救工

上島町救工4

この車両には、ゴムボートをけん引できるように、ボードトレーラーが
付いており、船外機取付台を設置し、現場に搬送していけます。

上島町救工1

上島町救工2

上島町救工3


                         


弓削島の弓削港近くにあるカフェ 「 しまでCafe 」 でランチしました。
島内で育った農作物や新鮮な瀬戸内の魚介類、野山の摘み菜など、
無添加で体に良いものを使った島ごはんを味わうことができます。
また、弓削島をはじめ、上島町や瀬戸内の特産品も販売しています。

島のブランド豚 「 レモンポーク 」を使ったメニューもおススメですが、
今回は、鯛丸ごと1尾に野草・海藻や摘み菜を楽しめる人気メニューに
してみました。

しまでCafe
            「 摘み菜ランチ 」

このカフェは、サイクリストのための給水や空気入れの貸出も行なっており、
サイクルオアシスに指定されています。 

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad