FC2ブログ
 
■プロフィール

岩本商会

Author:岩本商会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

復旧配布品キット
広島、岡山、愛媛の3県を中心に、西日本の広い地域を襲った
「 西日本豪雨 」 から、半年が経ちました。
平成最悪の豪雨被害と言われるほどの甚大な被害をもたらし、
復興への道のりは長く続いています。

今回は、復旧時に行う現地調査や軽作業に役立つものをまとめた
「 復旧配布品キット 」 を紹介します。

復旧配布品キット

キットの中身は以下の通りです。(写真左上から)
・N95マスク
 微細な塵や埃の侵入を防ぎ、呼吸を助ける排気弁付。

・ノンアルコールウエットティッシュ(5年保存)
 口腔ケアも可能です。

・経口補水液OS-1パウダー500ml用(5年保存)
 水500mlに溶かすと経口補水液になるので、
 すばやい熱中症対策として効果的です。

・ネッククーラー
 布地が冷感繊維で、心地よい着用感です。

・救急パット
 キズ口をやさしく保護します。

・耐切創手袋
 高強度のアラミド繊維を採用している為、釘や瓦礫などが
 多い作業場に最適です。
 特殊樹脂コーティングにより滑り止め効果があり、汚泥水や
 油を伴う作業にも適しています。

これらの品目が、配布しやすいように脱気し、1つの透明袋に
パックされています。
尚、長期の復興を支援する実作業者向けのキットもあります。


                         


香川県善通寺駅の西、1km弱に善通寺市消防本部があります。
そのすぐ隣には、約1万200坪の広大な敷地を有する
「 讃岐宮香川県護国神社 」 が鎮座しています。

約4600本の木々が植えられ、静寂に包まれた神社には、
明治維新以来、国のために尊い命をささげた香川県出身の
英霊が祭られています。

また、境内には、日本一社交通神社、警察消防招霊社なども
あります。

護国神社正月飾り
       讃岐宮香川県護国神社の正月飾り

スポンサーサイト

テーマ:防災グッズ - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
2019年 新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。
1月4日(金)より2019年の営業を開始致しました。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


                          


昨年は、全国各地で大型台風、豪雨、地震などが短いスパンで発生し、
大きな爪痕を残しました。
被災者の皆様には、改めて心よりお見舞い申し上げますとともに、
一日も早い復興と穏やかな新年を迎えられますことをお祈り申し上げます。

年が明けて3日には、熊本県で震度6弱の地震が発生しました。
2016年4月に発生した震度7の地震による被害もまだ完全に復旧して
いない中で、重なる不安な時間をお過ごしのこととお察しいたします。
少しでも被害が少ないことを祈るばかりです。

災害が迫っていても、「 自分はきっと大丈夫 」 と思ってしまうのが、
人間の性と言われています。
しかし、自分の命は自分で守るという 「 自助 」 の精神なしでは、
自然の脅威から生き残ること難しいのです。昨今のように次々に
発生する自然災害を止めることはできませんが、被災時に被害を
少なくするために、行政だけでなく、企業や私たち一人ひとりが、
万が一の備えをしておくことが必須です。

そのためには、「 防災リテラシー 」 が求められています。
つまり、正しく防災を理解し、災害から生き延びるために、まず自分が
住む地域の特徴を理解して、防災に取り組む必要があるのです。

弊社は昨年、おかげ様で創業80周年を迎え、100年企業を目指して、
本年新たな一歩を踏み出しました。これからも消防・防災の専門商社
としての使命を果たすべく、安全で安心なまちづくりに貢献できるよう
邁進して参ります。
また、このブログを通じて、皆様の防災リテラシーにお役に立てる
情報が提供できるよう努めて参ります。

本年も宜しくお願い申しあげます。

2019干支
(愛媛縣護國神社に奉納された
 松山市出身墨絵アーティスト茂本ヒデキチ氏による
 干支の大絵馬)





テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
消防団に会いに行こう!「 消防団活動推進大会 」
12月16日(日)、愛媛県松山市のアイテムえひめにて、
自治体消防70周年記念 「 消防団活動推進大会 」
開催されました。

開会式から愛媛県出身のタレントみかんさんも参加され、
花を添えていました。

自治体消防70周年 1

愛媛県内のゆるきゃらも勢ぞろい。

自治体消防70周年 2

記念イベントとして、消防車の原型ともいうべき古典椀用ポンプの
放水が行われました。普段はなかなか見ることができないシーンです。

自治体消防70周年 6
自治体消防70周年 3

1台のポンプに対し、6名から8名の消防団員さんたちが
威勢良く声を掛け合いながら、力いっぱいポンプをこきました。

自治体消防70周年 4
自治体消防70周年 7

勢いよく放水されると、歓声が上がっていました。

自治体消防70周年 5
自治体消防70周年 11
自治体消防70周年 10

現役のはしご車や特殊車両も展示されていました。

自治体消防70周年 9
自治体消防70周年 8


                         


香川県の国営讃岐まんのう公園では、イルミネーションイベントが
開催されています。
約3万㎡のグランドイルミネーションはLED電球55万球、照明等を
使用。広大な丘陵地を生かした立体的なデザインで、瀬戸内海と四国が
キラキラと輝いているように見えます。

まんのう公園イルミネーション
まんのう公園イルミネーション6
まんのう公園イルミネーション1
まんのう公園イルミネーション4
まんのう公園イルミネーション2

年明け1月6日(日)まで開催されています。


                              


弊社は12月29日(土)から2018年1月3日(木)まで
年末・年始の休み
になりますので、ご了承願います。

来る2019年も、このブログを通じて消防・防災に関する
あらゆる情報を発信して参りますので、ご愛読のほど
宜しくお願い申し上げます。

皆様よいお年をお迎え下さい。     


テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
水も火も一切不要の備蓄用ごはん
1年の世相を表す 「 今年の漢字 」 に 「 災 」 が選ばれましたが、
全国各地で、地震・台風等、自然災害による甚大な被害を被った
一年でした。
もはや行政だけでなく、企業や個人で防災・避難用品を備えることは
必須となっています。

非常用の備蓄食料品の主流はお米です。製法も、 「 アルファ米 」
「 フリーズドライ米 」 などがあります。
今回は、最近注目されている 「 レトルト 」 タイプを紹介します。

アルファ米やフリーズドライ米は、軽量で、種類も豊富です。
ノンアレルギーへの取組みや、イスラム教の教義に適合した
「 ハラル認証 」 を取得しているものもあります。
しかし、お湯または水が必要で、注いでから出来上がるまで
時間がかかります。
それに比べて、レトルトタイプは水も火も一切不要で、そのまま
食べられます。

「 HOZON HOZON BOISAI シリーズ 」 のおいしいごはんシリーズは
食物アレルギー特定原材料27品目不使用。発芽玄米と謹製昆布
エキスを使用しており、バラエティに富んだ味がそろっています。
日常でも食べたくなるようなメニューです。

HOZON.jpg

従来の非常食のイメージを覆す、明るく楽しいパッケージが採用されています。
HOZON2.jpgHOZON3.jpg
スタンディングパックで個々にスプーンが付いているので便利です。

HOZON1.jpg
       
保続期限は7年です。


                         


これはフルーツなのですが、ご存知ですか?

アテモヤ

世界三大美果(ドリアン、マンゴスチン、チェリモヤ)の1つである
「 チェリモヤ 」 と、「 バイレイシ(釈迦頭) 」 を交配して作られている
大変珍しいフルーツで、「 アテモヤ 」といいます。

12月から2月にかけて旬の時期です。ちなみに、日本では主に、
沖縄や鹿児島で生産されています。

アテモヤ2

皮の色がやや黒っぽく変色するまで追熟します。ごつごつしていた
表面が、少しやわらかくなり、いい香りがしてくれば、食べ頃です。

糖度が約20~25度近くあり、とても甘くて、舌触りがアイスクリームを
連想させることから、「 森のアイスクリーム 」 とも呼ばれています。


テーマ:防災グッズ - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんなの消防フェスタ2018
11月23日(金・祝)、愛媛県松山市総合コミュニティーセンターで、
「 みんなの消防フェスタ・防災シンポジウム2018 」 が開催されました。

毎年恒例のこのイベントでは、地震への備えや住宅防災に関する
体験コーナーや、婦人防火クラブによるバザー、子どもが楽しく
参加できる企画等多数あり、多くの家族連れが訪れていました。

同時に、地域防災に関して講演会やパネルディスカッションも
行われました。

関係団体や事業所のみならず、高校生による防火・防災の普及活動も
行われていました。子どもや若者が防災について学んだことが、家族や
地域社会に情報発信され広がっていきます。改めて防災教育の大切さを
感じました。

消防フェスタ2018-2
 松山工業高等学校繊維科の防災研究グループ
  生徒さんお手製の 「 防災バックずきん 」 等

消防フェスタ2018-3
 松山市消防局キャラクター 「 はっぴーカバー君 」 &
   全国消防イメージキャラクター 「 消太くん 」

消防フェスタ2018-1
人気の防火衣試着コーナーで 「 消太くん 」 とツーショット

消防フェスタ2018-5
    バルーンアートでできた大きな消防士さん


                         


一般社団法人防災教育普及協会に所属している関係で、年に数回、
東京大学地震研究所で学んでいます。
先日も、企業防災に関するセミナーを受講する為、東京大学本郷
キャンパスを訪れました。

東大正門1
      美しい門構えの正門から入ると…

東大いちょう
   銀杏並木が黄金色に輝いていました。

東大赤門
東京大学の象徴的な場所として 「 赤門 」 がありますが、
東大生協中央食堂では 「 赤門ラーメン 」 が名物です。

赤門ラーメン
スープはなく、麺と餡を混ぜて食べます。見た目ほどは辛くないので、
そばに置いてあるコリアン唐辛子で辛さを調整できます。

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

未分類 | 08:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad